FC2ブログ


エネルギーの流れをスムーズにしておこう☆ヒーリングロミ

category: ヒーリングロミ  

豪雨、台風、地震と、次から次へと災害が起こり
気持ちが落ち着かないですね。

生まれたときからこの土地で長年暮らしてきて、
こんなことは初めてだという困惑の言葉が
各地から聞こえてきます。

どこにいても、いつ何が起きてもおかしくないのだと
繰り返し心に刻みます。

大変な思いをされている方々に
一日も早く穏やかな日常が戻りますようにと祈りつつ
何事もなく過ごせることに感謝の日々です。


秋の長雨の季節ですね。

空の色、雲のかたちが、
確実に秋へ向かっているのを感じさせてくれます。


CIMG1211.jpg


ヒーリングロミのセッションで
頑なさということについての話になりました。

とても頑なな人がいて、会話に疲れてしまうのだと。

「私は〇〇がダメ(or嫌いor苦手)なんです!」

と公言し、ほかの人の意見を断固受け付けようとしない。


私も20代前半ぐらいまでは、
周りから頑固だと言われていました。

なので、頑なな人の気持ちもよくわかります。

自分がこうだと思ったら、それが絶対正解。
ほかの人が何と言おうと絶対意見を曲げない。
それで損をしようが、しんどい思いをしようが関係ない。
自分が思うことを押し通すことがすべてでした。

それでいいと心底信じていました。


思い返せばその頃、
よく首を痛めていました。
「寝違え」と言われる症状を繰り返していたのです。

ちょっとした拍子に首がグキッとなって凄まじい痛みに襲われ
治るまでに何日もかかります。

会社で仕事中になったときは一人では歩けず、
駅まで迎えに来てもらわなければならないほどひどいものでした。

起き上がれないし、まったく首が動かせない。
座っているだけでズキズキ痛む。

持病のように繰り返す辛い症状を
ストレートネックだからかな?と、
もう治らないものだと諦めていました。


そういえば、もう長いことあの症状が起きていないな・・・
と、最近気づきました。


うまくいくことも、いかないことも、
いろんな経験をして、
人生はなかなか自分の思い通りにいかないと思い知り
いい意味でのいい加減さと、鈍感力が身について
肩の力が抜けてきたこともあると思います。


魂の望む道に進み始めてからは
思ったとおりいこうが、いくまいが、
結局は良い方向へ向かっている。
表面的にはどう見えようと、すべては完璧なんだという
真実にたどり着けたから
気持ちがとても楽になったことが関係していると思います。


自分軸をもつことと、頑固なことは
似ているようで全然違います。

自分軸をもつと、どんな人の意見でも
一旦受け止めることができ
その上で自分のフィルターを通して取捨選択できる柔軟性があります。

だれのどんな意見を受け止めても
それでダメージを受けたり、ブレたりしません。

愛の源泉としっかりつながっているからです。


頑なになっているときは、あることに固執して
全体に目を向けることができません。

良かれと思って言ってくれる言葉も
自分を否定され無理強いされるように感じて
相手に口を挟ませないぐらい饒舌に応戦したり
殻に閉じこもってシャットアウトしたり。

自分を守ることで頭はいっぱい。

そういう時って、気持ちも固く閉ざし
体にも力が入っています。

しんどいです。

エネルギーも水も空気も、
ぎゅっと固まったところには流れにくいのです。

周りの人の声をシャットアウトするだけでなく
高次とのつながりもシャットアウトしてしまいます。


自分とは違う経験をした人の話を聞いて
へぇ~そんな考え方もあるのか・・・
と柔軟に受け止めてみると、
思いもしなかった世界が広がり
予想外の展開へとつながっていくかもしれません。

とどまることなくサラサラ流れる
清流の水のように

心身のエネルギーも滞りなく、スムーズに流れるような
状態を保っていたいですね。














ヒーリングロミ

マナにゆだねてスピリットとつながるハワイに伝わる癒しの手法ロミロミ

寄せては返す波のようなダイナミックなロングストロークと
慈しむように柔らかなアプローチ

ヒーリングの要素を取り入れたオリジナルなヒーリングロミで
心身の疲れを解放して、元気を取り戻すお手伝いします


レムリアン・ヒーリング® 

愛と調和に満ちた古代レムリアの叡智
シンプルでパワフルなヒーリングです

ハートを愛にひらき、より愛と豊かさを受け取っていけるように・・・
魂の目的を思い出し、喜びをもって生きていけるように・・・

ほんとうのあなたへ覚めていきましょう


レムリアン・ヒーリング®認定コース 

レムリアンヒーラーになりたい・・・
セルフヒーリングをしたい・・・
家族や大切な人を癒したい・・・

ヒーラーになるためには、自分自身が心身共に癒されていることが大切です
ヒーリングを学びながら、必要な浄化と解放が起き
グラウンディング、センタリングも強化されていきます

目的に合わせて、お好きなペースで学んでいただけます
コース日程や時間帯もお気軽にお問合せください

素晴らしいレムリアンヒーラー仲間が増えることを楽しみにしています


※ お申込み・お問合せは、puna★e-broad.ne.jp(★を@にかえて下さい)

【お問合せいただいた方へ・・・
お返事は、翌日中にはさせていただいております。
返事が届かない場合は通信トラブルの可能性がございますので、
お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願いいたします。】


あなたにお逢いできるのを楽しみにしています

すべてのご縁に ありがとうございます











2018_09_09

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Izumi

Author:Izumi
大阪の「四天王寺前夕陽丘」駅から徒歩1分の場所にある、陽光あふれる小さな隠れ家サロン

『ロミロミ&ヒーリングサロンPUNA~プナ~』

(ロミロミ、レムリアン・ヒーリング、ヒーラー養成コース)

はじめまして。
セラピストのIzumiです。

PUNAはハワイ語で泉・・・

あなたのハートの中にある愛の源泉には、こんこんと美しい水が尽きることなく湧き出ていることに気づいていますか?

安心安全に守られたサンクチュアリ。
そこにつながるだけでパワーを取り戻し、大きな安心感に包まれ真のやすらぎを得られるのです。

スピリチュアルとは、自分のスピリットとしっかりつながって生きること。
地に足をつけて自分軸をしっかりもち、今の瞬間瞬間を大切に生きることだと私は感じています。

大いなるものとアクセスする場所は自分のハートの中ににある・・・
そのことに気づいたとき、漠然とした不安が消え、生きることが楽になりました。

「私は私でいさせてください。
私がほんとうにいるべき場所、共にいるべき人のところへ行かせてください!」

ある晩、心の叫びとともに涙があふれ、ただ一心に祈りました。

初めてハートの声を聴き、ありのままの自分を信頼し、自分の真実に生きると決心をしたら
内に溜め込んでいたもの、周りの状況、人間関係・・・内側からも外側からも私にとって必要でないものが次々と離れていきました。
同時に目に映るものすべてがキラキラと輝き始めました。

ものごとの本質はとてもシンプルだったのです。

自分らしさを輝かせて生きるために、ほんとうの自分につながるためのサポートをしたいという長年の思い。
魂の目的、ブループリントに沿って大きな軌道修正が始まりました。

2011年3月の震災直後、突然会社を辞めることになり、心身共にボロボロで先のことも考えられず、とにかく元気を取り戻すためハワイ島へ癒しの旅に出ることにしました。

ところが出発直前にレムリアン・ヒーリングを学ぶことになり、急きょ東京へ。

そこで今まで閉じていたサイキック能力が開き、大きな好転反応。

そんな状態のまま大阪に戻り、数日後にハワイ島へ。

朝日とともに目覚め、お腹がすいたら食べ、眠くなったらベッドに入り、波の音、風の声、生き生きとした植物にふれ、息を吹き返したように活力が戻りました。

ハワイでの最終日に突然降ってきた「私はロミロミができる」という声にしたがい、帰国後すぐにロミロミを学び始めました。

9月に再びハワイへ。
レムリアン・ヒーリングティーチャーコースへ参加。

2011年11月11日サロンのオープン。

見えない力に導かれるままにここまできました。


古代レムリアの叡智につながり、聖母マリア、ハワイの月の女神ヒナ、水や緑の精霊をはじめ、風火水土の自然のエレメントのサポートとともに、地球の恵みである波動の高い植物のエッセンスを取り入れてセッションをおこなっています。

あなたにとっての真実があらわれますように・・・

最高最善の癒しへと導かれますように・・・

光の導管となって、お手伝いさせていただきます。

すべてのご縁に感謝します。


*カフナボディワークロミロミセラピスト
*レムリアン・ヒーリング®認定ティーチャー
*アロマテラピーアドバイザー

Izumi Nagano

バナーを作成

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top