FC2ブログ


ランチコンサート終えて~私に起きていたこと~


コンサートが終わって、もう10日が経とうとしています。

先週は、ほとんど何もできずに静養しておりました。

予定を変更していただいた皆さま、ありがとうございました。
ほんとうにご迷惑とご心配をおかけしました。


土曜日から、サロン業務も再開し
フラのレッスンも元気に行うことができました。


休んでいた期間は、いろんな思いが押し寄せ、グルグルと渦巻き、
自責の念やら哀しみやらで、どんどん沈んでいく心の奥を見つめ、
現実を受け入れ、その後にやってきた気づきと解放・・・

私にとって大切な教訓となった出来事だったので、
これも綴っておきたいと思います。

もしかしたら私と同じように
頑張りすぎてしまう人、どこまでも無理をし続けてしまう人への
メッセージになるかもしれません。

長くなりますが、よろしければお付き合いください


先月からずっと、このコンサートの準備と並行して
フラのイベントの予定も2つ重なり
それぞれのメンバーとフラの練習、歌の練習、また歌の自主練とで
超多忙な日々を送っていました。

といっても、私だけが忙しかったのではなく
みんなそれぞれ忙しい人の集まりなのです。

だからこそ、どんなに忙しくても
「みんなも頑張っているんだから、私もがんばろう!」
という励みと心の支えになっていました。

それに加えて、もっと忙しくなるように
自分で自分を追い込んでしまったのです。
(もうこれは生まれ持った性質としか言いようがないのですが・・・)

コンサートの日がどんどん迫ってくるのに
みんなが忙しくて、なかなか連絡が取れなかったり、スケジュールが合わなかったり、
準備も遅れ遅れになっていく中

全体の進捗がよりスムーズにスピーディーになるように
下働き、縁の下の力持ち的なことを私がやれば・・・
少しでもみんなが楽になるなら・・・

頭の中は、しなければいけない事のリストが増えていく。

来てくださるお客様に楽しんでいただけるように、
ベストなパフォーマンスができるようにしたい。

マンションでは大きな声を出せないので、
たびたび音楽室を借りて、仕事前に早朝の自主練をしました。

終わったら大急ぎでサロンに戻って準備。
セッション終了後、また急いでフラや歌の練習に参加。
また夜まで仕事をして、睡眠時間は3時間とか。

ずっと走っていた気がします。

移動中や、お客様を待つ間も頭の中は休まない。
イヤホンでエンドレスに曲を流しながら常にフラや歌の復習、イメトレ。

コンサート当日は、お迎えからの流れもシミュレーションして
何をどう準備すれば一番スムーズにいくだろうか?

ステージの横幅と奥行きを思い浮かべ、
ピアノの位置と歌う立ち位置、フラの4人はどう並んでもらうのがいいだろう?
客席から見たらどんな風になるだろう?
ライトのあたり具合はどうだろうか?

準備が大変そうなメンバーがいたら、
その分私が頑張ればなんとかなる!
みんなのために出来る限りの働きをしよう!

friendsのみんなには、できるだけ心配や負担をかけないように
気持ちを楽にして出演してもらえるようにしたい。

ピアノ伴奏も、一回でも多く歌と合わせて練習できる機会をつくろう。

思考は常にフル稼働。


フラのイベントが無事終了し、
コンサートの準備だけになって少し気が楽になったものの、
すでに体力は限界にきていたようで、もう目もかすんでいました。

今月初め、身体に異変を感じました。
肩首が異常に重く、喉がイガイガ。

大気中に有害物質が飛んでいる時特有の症状が出ました。

胸腺のあたりが赤く炎症し、首から脇にかけて突っ張るように
リンパが痛み始めました。

良からぬものを取り込んでしまった時、私の場合
免疫システムである胸腺が真っ先に反応します。
一生懸命働いて、悪いものを処理してくれるのです。

でも今回は疲れすぎていたために、自己治癒力が発揮できず
どんどん症状は悪化していきました。

最後の合同練習では、咳と喉の痛みで歌えなくなっていました。

とどめは、
練習あとスタバでの打合せで飲んだ、発酵レモンフラペチーノでした。

喉が熱を持っていたし、冷たくて甘いものは口に美味しかったのですが、
首と胸全体に一気に蕁麻疹が出てしまいました。

なぜか私の身体にはフラペチーノが合わないみたいで、
飲むと翌日全身が痛くなるのです。

めったに飲まないけど、時々飲んでみては
翌日「やっぱり身体が痛いなぁ・・・」と確認するのです。

でも今回は、ほんとうにダメだったようで。。。

小学校以来出ていなかった、持病の喘息の症状が出て
呼吸が苦しく、夜は咳が止まらず眠れない。

眠れない日が続いたまま、コンサート当日を迎えてしまいました。

「どうか奇跡が起きて、明日は元気になっていますように!」
と祈り、
みんなも愛と光を送ってくれました。

・・・が、祈り届かず
更に悪化していたのです。

目は充血して開かず、目の下にクマ、くすみ、
全身のむくみ、背中と腰が痛い。
首と胸は発疹で真っ赤に腫れている。

起きた瞬間から発作のような咳が止まらず、
喉もヒリヒリと痛む。

リンパというリンパが痛み、
身体中が突っ張っている感覚。

足は頻繁につって、指を反らしても何しても直らない。

メンバーのグループトークに、泣き言を入れました。

「行くだけで精一杯。MCもソロも無理かも」と。


出かける準備をしていても、
肌がボロボロでメイクものらない。
それどころか、お迎えがきてもおかしくないぐらい
ちょっと、顔色がヤバい。。。

鏡を見てゾッとしました。


あんなに時間をかけて準備をしてきたのに、
あんなに一所懸命練習したのに、

なぜこんな最悪な事態になっているんだろう?

あんなに祈って、お願いしたのに、
みんなも光を送ってくれたのに、
いつも助けてくれるガイドはなぜ聞いてくれなかったの?

何かの罰!?
私、何も悪い事してないよ~

泣きたい気持ちで、とにかく会場へ急ぎました。


朝の控室にて、みんなワクワク
テンション上げて行こう~!って気持ちを高めて
くす玉のためし割りをさせてもらったりしてるのに
私だけひどい顔

しんどくて笑顔も出ません。

でも、こんなことそうそうないと思うので、
記念のために載せておきます。

生き生きして輝いているみんなとのギャップがすごいでしょ。


66861773_676169342829220_1432431546664484864_n.jpg


なんとか笑ってるけど、目力ない~。


65013331_560280714502840_8185021937374724096_n.jpg


フラ仲間とのショットも、しんどそう~。


66820330_333720610851676_4239835785823518720_n.jpg


今でこそ笑える一枚。
私だけオーラ消えて、異次元に吸い込まれそう。


66442997_1981246068647558_498680303322136576_n.jpg


長くなったので、続きはまた









ヒーリングロミ

マナにゆだねてスピリットとつながるハワイに伝わる癒しの手法ロミロミ

寄せては返す波のようなダイナミックなロングストロークと
慈しむように柔らかなアプローチ

ヒーリングの要素を取り入れたオリジナルなヒーリングロミで
心身の疲れを解放して、元気を取り戻すお手伝いします


レムリアン・ヒーリング® 

愛と調和に満ちた古代レムリアの叡智
シンプルでパワフルなヒーリングです

ハートを愛にひらき、より愛と豊かさを受け取っていけるように・・・
魂の目的を思い出し、喜びをもって生きていけるように・・・

ほんとうのあなたへ覚めていきましょう


レムリアン・ヒーリング®認定コース 

レムリアンヒーラーになりたい・・・
セルフヒーリングをしたい・・・
家族や大切な人を癒したい・・・

ヒーラーになるためには、自分自身が心身共に癒されていることが大切です
ヒーリングを学びながら、必要な浄化と解放が起き
グラウンディング、センタリングも強化されていきます

目的に合わせて、お好きなペースで学んでいただけます
コース日程や時間帯もお気軽にお問合せください

素晴らしいレムリアンヒーラー仲間が増えることを楽しみにしています


※ お申込み・お問合せは、puna★e-broad.ne.jp(★を@にかえて下さい)

【お問合せいただいた方へ・・・
お返事は、翌日中にはさせていただいております。
返事が届かない場合は通信トラブルの可能性がございますので、
お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願いいたします。】


あなたにお逢いできるのを楽しみにしています

すべてのご縁に ありがとうございます
















































2019_07_22

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Izumi

Author:Izumi
大阪の「四天王寺前夕陽丘」駅から徒歩1分の場所にある、陽光あふれる小さな隠れ家サロン

『ロミロミ&ヒーリングサロンPUNA~プナ~』

(ロミロミ、レムリアン・ヒーリング、ヒーラー養成コース)

はじめまして。
セラピストのIzumiです。

PUNAはハワイ語で泉・・・

あなたのハートの中にある愛の源泉には、こんこんと美しい水が尽きることなく湧き出ていることに気づいていますか?

安心安全に守られたサンクチュアリ。
そこにつながるだけでパワーを取り戻し、大きな安心感に包まれ真のやすらぎを得られるのです。

スピリチュアルとは、自分のスピリットとしっかりつながって生きること。
地に足をつけて自分軸をしっかりもち、今の瞬間瞬間を大切に生きることだと私は感じています。

大いなるものとアクセスする場所は自分のハートの中ににある・・・
そのことに気づいたとき、漠然とした不安が消え、生きることが楽になりました。

「私は私でいさせてください。
私がほんとうにいるべき場所、共にいるべき人のところへ行かせてください!」

ある晩、心の叫びとともに涙があふれ、ただ一心に祈りました。

初めてハートの声を聴き、ありのままの自分を信頼し、自分の真実に生きると決心をしたら
内に溜め込んでいたもの、周りの状況、人間関係・・・内側からも外側からも私にとって必要でないものが次々と離れていきました。
同時に目に映るものすべてがキラキラと輝き始めました。

ものごとの本質はとてもシンプルだったのです。

自分らしさを輝かせて生きるために、ほんとうの自分につながるためのサポートをしたいという長年の思い。
魂の目的、ブループリントに沿って大きな軌道修正が始まりました。

2011年3月の震災直後、突然会社を辞めることになり、心身共にボロボロで先のことも考えられず、とにかく元気を取り戻すためハワイ島へ癒しの旅に出ることにしました。

ところが出発直前にレムリアン・ヒーリングを学ぶことになり、急きょ東京へ。

そこで今まで閉じていたサイキック能力が開き、大きな好転反応。

そんな状態のまま大阪に戻り、数日後にハワイ島へ。

朝日とともに目覚め、お腹がすいたら食べ、眠くなったらベッドに入り、波の音、風の声、生き生きとした植物にふれ、息を吹き返したように活力が戻りました。

ハワイでの最終日に突然降ってきた「私はロミロミができる」という声にしたがい、帰国後すぐにロミロミを学び始めました。

9月に再びハワイへ。
レムリアン・ヒーリングティーチャーコースへ参加。

2011年11月11日サロンのオープン。

見えない力に導かれるままにここまできました。


古代レムリアの叡智につながり、聖母マリア、ハワイの月の女神ヒナ、水や緑の精霊をはじめ、風火水土の自然のエレメントのサポートとともに、地球の恵みである波動の高い植物のエッセンスを取り入れてセッションをおこなっています。

あなたにとっての真実があらわれますように・・・

最高最善の癒しへと導かれますように・・・

光の導管となって、お手伝いさせていただきます。

すべてのご縁に感謝します。


*カフナボディワークロミロミセラピスト
*レムリアン・ヒーリング®認定ティーチャー
*アロマテラピーアドバイザー

Izumi Nagano

バナーを作成

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top