子供の頃の好奇心

category: ブログ  

昨日は少し遠くまで出掛けていました。


電車の窓から外を眺めていると

いつも遠くに見えている山々がだんだん近づいてきます。


太陽が見え隠れするたびに雲が虹色に染まり

きれいだな~と、心がウキウキしてきて


なぜか心に、アルプスの少女ハイジの歌が流れてきました。



くちぶえはなぜ
遠くまで聞こえるの
あの雲はなぜ 私を待ってるの
おしえておじいさん
おしえておじいさん
おしえてアルムのモミの木よ

雪の山 なぜ
バラ色に染まるの
あの風はどこに隠れているの
おしえておじいさん
おしえておじいさん
おしえてアルムのモミの木よ

眠る時 なぜ
星はそっと見ているの
わらの中 なぜ
いつもあったかいの
おしえておじいさん
おしえておじいさん
おしえてアルムのモミの木よ



童話作家の岸田衿子さんの作詞で、

フランダースの犬やラスカル、赤毛のアンの歌も

そうなんですね。

初めて知りました。


どの歌も詩がとても純粋でまっすぐで

子供の頃の気持ちや好奇心が甦り

涙が出そうになります。


あの雲はなぜ私を待ってるの?


子供の頃、そんな気持ちでいつも月を見ていたことを

思い出しました。


暗くなった帰り道。

右側に月を見ながら歩いていました。

周りの風景はどんどん過ぎていくのに

月はいつ見ても私の右側の同じ場所にいて

ぐんぐん歩いても、思いっきり走ってみても

通り過ぎないのが不思議で・・・


「ねぇ、なんで月はずっと一緒についてくるの?」


父や母に聞いていました。


「遠くにあるからそう見えるのよ」

多分そんな答えをもらったと思います。


でも私には、そのことが面白くて楽しくて

ちゃんと月に意識があり

私たち家族を守りながらお供してくれているように感じて

嬉しくて弾みながら歩いていました。


なぜ?という好奇心。


大人になってだんだん薄れてきて

不安や心配事に心を奪われると

とてもそれどころではなくなってしまったり・・・


でも大人になっても好奇心旺盛な人もいます。

母もその一人。


知らないことが出てきたら、すぐに調べます。


CMで使われている英語のフレーズも

「○○ってどういう意味?」と、よく聞いてきます。


韓国ドラマも、日本語の字幕で見ているので

よく出てくる単語はいくつか覚えています。


知らないことを知りたいという好奇心は

向上心のあらわれだと思います。


年齢なんか関係ないですね。


いくつになっても

日常の生活の中であらわれることすべてを

惰性でこなしていくか

ひとつひとつを新鮮な目で見続けられるかどうか・・・


その違いが、この先の人生に大きな違いを生み出していくのだと思います。


昨日の帰り道は、とってもきれいな夕焼けでしたキラキラ



.。☆・。. レムリアの月の癒し.。o.:・








ヒーリングロミ

MANA(宇宙のエネルギー)にゆだねて

スピリットとつながるハワイアンロミロミ

寄せては返す波のように

ダイナミックなロングストロークと

慈しむようなゆるやかなアプローチ

ヒーリングを取り入れたロミロミで

心身の疲れを解放してかろやかに音譜



レムリアン・ヒーリング 

愛と調和に満ちた古代レムリアの叡智

シンプルでパワフルなヒーリングです

ハートを愛にひらき、より愛や豊かさを受け取っていけるように・・・

魂の目的を思い出し、喜びをもって生きていけるように・・・

ほんとうのあなたへ覚めていきましょう流れ星



レムリアン・ヒーリング®認定コース 

レムリアンヒーラーになりたい・・・

セルフヒーリングをしたい・・・

家族や大切な人を癒したい・・・

目的に合わせて、お好きなペースで学んでいただけます

コース日程もお気軽にお問合せください



※ お申込み・お問合せは、puna★e-broad.ne.jp(★を@にかえて下さい)

  



ペタしてね


2013_01_16

Comments

1. 本年も宜しくお願い致します。 

活字を読むと、自然と節をつけて歌っている自分がいます。覚えている歌詞は、読むだけで、脳が勝手に変換して歌い出すものですね。

わたくしもこの歌好きです。(=⌒▽⌒=)
タロットさん  URL   2013-01-16 12:41  

2. Re:本年も宜しくお願い致します。 

>タロットさんさん

やっぱり歌ってしまいますよね(^^♪
電車の中で2番以降が思い出せず調べてみたのですが、
この方の作詞は私が好きな歌ばかりでした。
子供の頃のようなやわらかな感性をもった方だったんだろうなぁと・・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします(^O^)/


Izumi  URL   2013-01-16 13:14  

 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Izumi

Author:Izumi
大阪の「四天王寺前夕陽丘」駅から徒歩1分の場所にある、陽光あふれる小さな隠れ家サロン

『ロミロミ&ヒーリングサロンPUNA~プナ~』

(ロミロミ、レムリアン・ヒーリング、ヒーラー養成コース)

はじめまして。
セラピストのIzumiです。

PUNAはハワイ語で泉・・・

あなたのハートの中にある愛の源泉には、こんこんと美しい水が尽きることなく湧き出ていることに気づいていますか?

安心安全に守られたサンクチュアリ。
そこにつながるだけでパワーを取り戻し、大きな安心感に包まれ真のやすらぎを得られるのです。

スピリチュアルとは、自分のスピリットとしっかりつながって生きること。
地に足をつけて自分軸をしっかりもち、今の瞬間瞬間を大切に生きることだと私は感じています。

大いなるものとアクセスする場所は自分のハートの中ににある・・・
そのことに気づいたとき、漠然とした不安が消え、生きることが楽になりました。

「私は私でいさせてください。
私がほんとうにいるべき場所、共にいるべき人のところへ行かせてください!」

ある晩、心の叫びとともに涙があふれ、ただ一心に祈りました。

初めてハートの声を聴き、ありのままの自分を信頼し、自分の真実に生きると決心をしたら
内に溜め込んでいたもの、周りの状況、人間関係・・・内側からも外側からも私にとって必要でないものが次々と離れていきました。
同時に目に映るものすべてがキラキラと輝き始めました。

ものごとの本質はとてもシンプルだったのです。

自分らしさを輝かせて生きるために、ほんとうの自分につながるためのサポートをしたいという長年の思い。
魂の目的、ブループリントに沿って大きな軌道修正が始まりました。

2011年3月の震災直後、突然会社を辞めることになり、心身共にボロボロで先のことも考えられず、とにかく元気を取り戻すためハワイ島へ癒しの旅に出ることにしました。

ところが出発直前にレムリアン・ヒーリングを学ぶことになり、急きょ東京へ。

そこで今まで閉じていたサイキック能力が開き、大きな好転反応。

そんな状態のまま大阪に戻り、数日後にハワイ島へ。

朝日とともに目覚め、お腹がすいたら食べ、眠くなったらベッドに入り、波の音、風の声、生き生きとした植物にふれ、息を吹き返したように活力が戻りました。

ハワイでの最終日に突然降ってきた「私はロミロミができる」という声にしたがい、帰国後すぐにロミロミを学び始めました。

9月に再びハワイへ。
レムリアン・ヒーリングティーチャーコースへ参加。

2011年11月11日サロンのオープン。

見えない力に導かれるままにここまできました。


古代レムリアの叡智につながり、聖母マリア、ハワイの月の女神ヒナ、水や緑の精霊をはじめ、風火水土の自然のエレメントのサポートとともに、地球の恵みである波動の高い植物のエッセンスを取り入れてセッションをおこなっています。

あなたにとっての真実があらわれますように・・・

最高最善の癒しへと導かれますように・・・

光の導管となって、お手伝いさせていただきます。

すべてのご縁に感謝します。


*カフナボディワークロミロミセラピスト
*レムリアン・ヒーリング®認定ティーチャー
*アロマテラピーアドバイザー

Izumi Nagano

バナーを作成

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top