癒しが起こるとき

category: ブログ  

毎日暑いですね~

でもこの暑さをどこか楽しんでいる自分もいます。
肉体をはなれたら、もう感じられないこと・・・
今年の夏も、8月の今日の暑さも、味わえるのは一度きりだから。

昨日は朝から夜遅くまで、仕事のことで打ち合せをしていました。

とてもスピリチュアルであり、でもしっかりと地に足がついた
高次とのつながりと三次元での役割とのバランスがとれている人は
話していて安心感があります。

レムリアンヒーリングについて説明していて
ヒーリングとは?
ほんとうの癒しとは?
という話題になりました。

ヒーリングと聞くと、
ふわ~っと優しい波動で包み癒してもらうもの・・・
なんか気持ちいいもの・・・
という印象で

望みや願いを叶えてもらえる。
今の悲しみ、苦しみととってもらえる。
ブロックや封印をはずしてもらえる。

すべてヒーラーがやってくれるという
すべておまかせの受け身なとらえ方をされることが多いようです。

でも、ほんとうはそうではなく
あくまでもヒーリングを起こすのは自分自身であり
ヒーラーはそのお手伝いをする人です。

受ける人みずから、こうなりたい、こうなろう!という
意図をしっかりもつことで初めて、気づきや癒しが起こります。
そして、だれもが自分自身を癒す力を持っている。

そのことについて、レムリアン・ヒーリング®創始者のDavidさんが
とてもわかりやすく説明してくださっています→


私は以前から、「ブロックを外します」とか「封印解除します」
というセッションに違和感がありました。

私自身、ブロックや封印していることがあるのは気づいていました。
今生だけでなく、過去生から持ち越していることもあって
それが前進するのを阻んだり、恐れを生み出しているのもわかっていました。
だけど、それを自分で乗り越えていくことも今生でのテーマに必要な要素であり
ブループリントに書いてきたこともわかっていたので
魔法のようにだれかにとってもらう、消してもらうというのは
簡単かもしれないけど、それは違うんじゃないかな?
せっかくの大切な気づきや学びの機会を、他人に明け渡してしまうのでは?
と感じていました。

ブロックや封印のある状態からスタートして、
いろんな経験、人と出会いを通じて
自己信頼や自己愛を育て、ほんとうの自分のパワーを取り戻していくこと。
それが私が望んで計画してきた人生であり
そしてもう大丈夫だという確信とともに、ベストなタイミングで
自然にブロックや封印が解かれるものだと思うのです。
そのプロセスをサポートするのがヒーリングです。


ちょっと違う例えかも知れませんが、
ジェットコースターのことを思い出しました。

私は昔からジェットコースターが苦手でした。
お腹のあたりからヒュウ~~っと力が抜けていく
あの感覚がどうしても嫌で、恐怖だったんです。

乗りたくないと尻込みしている私に
あるとき、会社の同僚がおしえてくれました。
腰が引けているから怖いんだと。

みずからスピードに乗っていけば大丈夫。
気持ちから前へ。
身を乗り出すように、前に重心を移してごらん。

そう言われて、しぶしぶ挑戦してみました。

コワいけど、
落ちる瞬間、ジェットコースターよりも先に気持ちを前へ前へ
重心を前にして飛び込んでいったら・・・

不思議なことに、あのお腹のヒューンというのがなかったんです。

衝撃でした。

もう怖い思いをしないで、楽しんでジェットコースターに乗れる。
おしえてくれて、ほんとうにありがとうと何度もお礼を言いました。

たったそれだけのこと、
でもすごい違いだったんです。

受動的ではなく能動的に。

受け身でおまかせ、されるがまま・・・ではなく
自分の人生の主導権は自分がもっているのだという自覚。

遊園地での何気ない一コマですが、
大切なことを悟った瞬間だったような気がします。


ヒーリングも受けるときの気持ちをちょっと変えるだけで、
きっと、より一層効果的に癒しが起きていくと思います。








ヒーリングロミ

マナにゆだねてスピリットとつながるハワイに伝わるマッサージロミロミ

寄せては返す波のようなダイナミックなロングストロークと
慈しむように柔らかなアプローチ

ヒーリングの要素を取り入れたオリジナルなヒーリングロミで
心身の疲れを解放して、元気を取り戻すお手伝いします


レムリアン・ヒーリング® 

愛と調和に満ちた古代レムリアの叡智
シンプルでパワフルなヒーリングです

ハートを愛にひらき、より愛と豊かさを受け取っていけるように・・・
魂の目的を思い出し、喜びをもって生きていけるように・・・

ほんとうのあなたへ覚めていきましょう


レムリアン・ヒーリング®認定コース 

レムリアンヒーラーになりたい・・・
セルフヒーリングをしたい・・・
家族や大切な人を癒したい・・・

ヒーラーになるためには、自分自身が心身共に癒されていることが大切です
ヒーリングを学びながら、必要な浄化と解放が起き
グラウンディング、センタリングも強化されていきます

目的に合わせて、お好きなペースで学んでいただけます
コース日程や時間帯もお気軽にお問合せください

素晴らしいレムリアンヒーラー仲間が増えることを楽しみにしています


※ お申込み・お問合せは、puna★e-broad.ne.jp(★を@にかえて下さい)

【お問合せいただいた方へ・・・
お返事は、翌日中にはさせていただいております。
返事が届かない場合は通信トラブルの可能性がございますので、
お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願いいたします。】


あなたにお逢いできるのを楽しみにしています

すべてのご縁に ありがとうございます




















2015_08_05

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Izumi

Author:Izumi
大阪の「四天王寺前夕陽丘」駅から徒歩1分の場所にある、陽光あふれる小さな隠れ家サロン

『ロミロミ&ヒーリングサロンPUNA~プナ~』

(ロミロミ、レムリアン・ヒーリング、ヒーラー養成コース)

はじめまして。
セラピストのIzumiです。

PUNAはハワイ語で泉・・・

あなたのハートの中にある愛の源泉には、こんこんと美しい水が尽きることなく湧き出ていることに気づいていますか?

安心安全に守られたサンクチュアリ。
そこにつながるだけでパワーを取り戻し、大きな安心感に包まれ真のやすらぎを得られるのです。

スピリチュアルとは、自分のスピリットとしっかりつながって生きること。
地に足をつけて自分軸をしっかりもち、今の瞬間瞬間を大切に生きることだと私は感じています。

大いなるものとアクセスする場所は自分のハートの中ににある・・・
そのことに気づいたとき、漠然とした不安が消え、生きることが楽になりました。

「私は私でいさせてください。
私がほんとうにいるべき場所、共にいるべき人のところへ行かせてください!」

ある晩、心の叫びとともに涙があふれ、ただ一心に祈りました。

初めてハートの声を聴き、ありのままの自分を信頼し、自分の真実に生きると決心をしたら
内に溜め込んでいたもの、周りの状況、人間関係・・・内側からも外側からも私にとって必要でないものが次々と離れていきました。
同時に目に映るものすべてがキラキラと輝き始めました。

ものごとの本質はとてもシンプルだったのです。

自分らしさを輝かせて生きるために、ほんとうの自分につながるためのサポートをしたいという長年の思い。
魂の目的、ブループリントに沿って大きな軌道修正が始まりました。

2011年3月の震災直後、突然会社を辞めることになり、心身共にボロボロで先のことも考えられず、とにかく元気を取り戻すためハワイ島へ癒しの旅に出ることにしました。

ところが出発直前にレムリアン・ヒーリングを学ぶことになり、急きょ東京へ。

そこで今まで閉じていたサイキック能力が開き、大きな好転反応。

そんな状態のまま大阪に戻り、数日後にハワイ島へ。

朝日とともに目覚め、お腹がすいたら食べ、眠くなったらベッドに入り、波の音、風の声、生き生きとした植物にふれ、息を吹き返したように活力が戻りました。

ハワイでの最終日に突然降ってきた「私はロミロミができる」という声にしたがい、帰国後すぐにロミロミを学び始めました。

9月に再びハワイへ。
レムリアン・ヒーリングティーチャーコースへ参加。

2011年11月11日サロンのオープン。

見えない力に導かれるままにここまできました。


古代レムリアの叡智につながり、聖母マリア、ハワイの月の女神ヒナ、水や緑の精霊をはじめ、風火水土の自然のエレメントのサポートとともに、地球の恵みである波動の高い植物のエッセンスを取り入れてセッションをおこなっています。

あなたにとっての真実があらわれますように・・・

最高最善の癒しへと導かれますように・・・

光の導管となって、お手伝いさせていただきます。

すべてのご縁に感謝します。


*カフナボディワークロミロミセラピスト
*レムリアン・ヒーリング®認定ティーチャー
*アロマテラピーアドバイザー

Izumi Nagano

バナーを作成

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top